詩と写真詩*「君へ」

君へ

 

「それじゃまたね」と手を振って 幸せを願う
長い旅路の一駅で 居合わせた君よ

僕らの 過去も未来も
すべては 定かではないけれど

胸に残る寂しさは
君への証だと 信じてもいいでしょう

外は明かり灯された 見慣れた街並
通りすぎるだけの駅と 目的地の間

もう二度と 出会う日がこないなら
忘れよう 脇道ゆく未来

かけがえのない存在と
重なり合えた奇跡を
今はただ感謝するだけ
流れ続ける時に身を 任せながら

ありがとう

 


写真詩「君へ」


ありがとうございます☆
この先は本日の写真と日記です(^^)

コメント

タイトルとURLをコピーしました